MRの仕事とは

製薬業界は安定しているイメージが強いですが、人気の職業の一つにMRという仕事があります。MRは製薬業界の仕事でありながら、大量に人材募集している企業が増えたことが人気が出てきた原因の一つといえるでしょう。さらに製薬会社のような専門的な分野の場合には、それなりの専門的な知識が必要なイメージが強いと思うのですが、MRは未経験社の場合でも募集していることが多くあります。
非常に特殊なイメージのする業界ではありますが、実際には派遣会社がMRを募集していることもあります。人気の職業の一つとして、簡単な知識をつけておくと、仕事についてのイメージがしやすいと思います。

MRという言葉自体はアメリカで生まれた言葉なのですが、日本では医薬情報担当者と呼ばれています。MRの仕事内容としては、製薬会社としての製品の情報を伝えることと、情報収集することが仕事の内容となるでしょう。どのような効果のある薬なのかというだけではなく、副作用についてなど薬についての様々な知識が必要となります。
医療用の薬は何千何万と種類がありますので、医薬品の卸売の専門が1人で全ての情報を把握することが不可能でしょう。それに対して製薬会社のMRであれば、自社の製品について様々な情報を提供する事ができますので、医薬品の卸の担当に比べると詳しい情報提供することが可能となるのです。

つまりMRという仕事は、自社の医薬品についての細やかな知識を提供できるだけでなく、営業マンとしての仕事も果たさなければいけません。他の業界の営業マンは、売り上げノルマなどがあってそれらを達成するように努力すると思いますが、MRも同様に社製品を様々なところに紹介して、売り上げあげなければいけないのです。
MR自体は医師と面会する機会は多いですので、医薬品についての話だけではなく様々な話をする中で、自社の薬品を売っていかななればいけないという事になるでしょう。会話の内容は医師によっても様々ですし、専門的な知識や宣伝をしなければいけないこともありますし、場合によっては接待が重視なることもあるでしょう。このどちらもできることで、非常に優秀なMRとなっていきます。

MR 派遣MRに仕事については、CSOという派遣会社が存在しています。これらの派遣会社に雇用されることによって、派遣会社のクライアントとなる製薬会社で仕事することになります。派遣のMRはコントラクトMRと呼ばれていますが、昨今ではコントラクトMRを使っている製薬会社も増加傾向にあるようです。一般的には2人程度で派遣の期間は終わりになるようですが、場合によっては、直接製薬会社から正社員にならないか誘いを受けることもあるようです。
製薬会社という専門的な分野でありながらMRは未経験の場合であっても雇用を積極的に行っていることも少なくありません。さらにコントラクトMRとして、数年間働く事によって正社員になることができるチャンスもあります。全くの異業種から、製薬会社に転職を希望している場合などには、派遣で働くことでチャンスを掴む機会を得る事にもなるでしょう。